こんばんは😃 今日はデッドポニークラブ(ブリュードッグ)のレビューをご紹介します👍 現在このビールは公式で販売されておらず,デッドポニーペールエールとして販売されています✏️ このビールのビアスタイルをアメリカン・セッションペールエールとしましたが,「セッション」とは「ドリンキング・セッション(飲み会)」から取られた言葉で「飲み会で飲み続けられるような」という意味です🍻 つまり「アルコール感やホップの苦味を穏やかにし,飲みやすくした」という意味です! ただし公式のビアスタイルではありませんので,人によって解釈は異なります⚠️


ブリュードッグ デッドポニークラブ
BREWDOG DEAD PONY CLUB

製造会社:ブリュードッグ醸造所
Brewery: BREWDOG Brewery

所在地:エロン,アバディーンシャー,スコットランド
Location: Ellon, Aberdeenshire, Scotland

ビアスタイル:アメリカン・セッションペールエール
Beer Style:American Session Pale Ale


発酵法:上面発酵
How to Ferment:Top Fermentation


アルコール & ボディ:3.8% & ライト(~ミディアム)
Abv & Body:3.8% & light-bodied


泡(Foam):立ちやすく,非常に細かい(良質)です. This beer is easy to bubble and the foam is very fine.


香り(Aroma): ホップ由来のシトラスなどを思わせる香りと草っぽさやスパイシーさのある香りです. This beer has the aroma of citrus (grapefruit) and grass or spicy smell.


味わい(Palate):アルコール度数が低いため非常に飲みやすく,アメリカンペールエールよりもやや苦みが穏やかな印象です. モルトの甘さも非常に穏やかでした. This beer is very drinkable because it has the low alcohol content, and its bitterness is milder than usual American pale ale. The sweetness of malt is also very subtle.


総合(Overall):かなり飲みやすい仕上がりなので,ゴクゴク飲むのが美味しいビールです. ですが,ゆっくり味わって飲むのもオススメです. 暑い夏の日に涼みながらのんびり飲みたくなるようなビールです. 苦みがかなり穏やかなので,ホップ由来のシトラスなどを思わせるジューシーな味わいを楽しめます. 全体としてホップのフレーバーが一番強いので,アメリカンスタイルのビールが好きな方には特にオススメです. 飲みごたえが欲しいという方は,アメリカンペールエールやアメリカンインディアペールエールを飲む方がいいと思います. We can enjoy the juicy citrus flavor of hop and this beer is intended for lovers of American-style beer particularly.

今日はメキシコのクラフトビールである「デイ・オブ・ザ・デッド ポーター」のレビューをご紹介します.


ディア・デ・ロス・ムエルトス (デイ・オブ・ザ・デッド) ペイ・ザ・フェリーマン ポーター
Dia De Los Muertos (Day of The Dead) Pay The Ferryman Porter

製造会社:セルベセリア・メキシカーナ 可変資本型株式会社
Brewery:Cerveceria Mexicana S.A. De C.V.


所在地:メキシコ,ババ・カリフォルニア州,テカテ,インドゥストリアル
Address:Industrial, Tecate, Baja California, Mexico


ビアスタイル:ポーター
Beer Style:Porter


発酵方法:上面発酵
How to Ferment:Top Fermentation

アルコール & ボディ:5% & ミディアム
Abv & Body:5% & medium-bodied

泡(Foam):立ち方は標準的で,非常に細かいです. This beer bubbles normally and the foam is fine.

香り(Aroma):モルト由来のチョコレート(カカオ)を思わせる香りが非常に豊かです. This beer has the rich aroma of chocolate(cacao).

味(Palate):炭酸がやや強く,ポーターの中ではドライな方です. モルトの香ばしいフレーバーやスモーキーなフレーバーを感じる一方で,モルトの甘さは結構穏やかです. 酸味は適度~やや強いです. This beer has somewhat strong carbonation and dryness. The sweetness of malt is very mild, while the roasted flavor and smoky one are rich. The sourness is moderate to a little strong.

総合(Overall):甘みは穏やかで,かつやや強い炭酸によりドライでポーターにしては飲みやすいタイプだと思います. モルト由来のロースト感を大事にしているのだろうなと感じました. ただ私はダークビールではもっと飲みごたえが欲しいので好みとは少しずれていました. ただ,このドライ感は食事中にはいいと思いますしきっと美味しく飲めると思います. 単体で飲むならもう少しボディ感と甘さが欲しいところです. なかなかインパクトのあるデザインで目を引きますので,プレゼントや差し入れにいいかもしれませんね. This beer is drinkable as a porter, and the malty aroma and flavor are rich. It is more intended for drinking it with dishes or snacks than for doing it alone.

ペールエール アメリカンスタイル (エチゴビール) で使用されていたホップについて

Nelson Sauvin
origin: New Zealand
white wine fruitiness (like Sauvignon Blanc)
gooseberry
passion fruit
citrus

Chinook
origin: USA
Distinct medium intensity spice and pine
Subtle grapefruit

Nelson Sauvin: ネルソン・ソーヴィン
Chinook: シヌック

Sauvignon Blanc: ソーヴィニョン・ブラン (白ワイン用のブドウ品種)

gooseberry: セイヨウスグリ
グースベリーあるいはグーズベリーという. ガチョウ(goose)料理に合うことからその名がついたとされる. ヨーロッパではよく栽培される果樹の1つで,ジャムやゼリーなどに加工される. 熟せば生食も可能. 種のツブツブとした食感と酸味が特徴.

intensity (インテンシティ): 強烈さ,激しさ
subtle (サトル): 僅かな,繊細な

こんばんは😃 今日はエチゴビールから「クラフトビア・ザ・ワールド」の企画として限定醸造された「ペールエール アメリカンスタイル」(第9弾)のレビューをご紹介します🌍 もともとこれを買う前は限定だとは知らなかったのですが,調べていたらなかなか面白いビールで買っておいて良かったです👍 エチゴビール株式会社は日本で初めてビール醸造免許を取得した会社として有名です👥 このビールに使用されているホップのついては,Tumblr の方で書いています! ご興味のある方はご覧下さい🔍

ペールエール アメリカンスタイル
Pale Ale American Style

製造会社:エチゴビール株式会社
Brewery:Echigo Beer Co., Ltd.

所在地:新潟県新潟市西蒲区松山
Address:Matsuyama, Nishikan Ward, Niigata City, Niigata Pref., Japan

ビアスタイル:アメリカンスタイルペールエール
Beer Style:American-style Pale Ale

発酵方法:上面発酵
How to Ferment:Top Fermentation

アルコール & ボディ:5% & ミディアム
Abv & Body:5% & medium-bodied

泡(Foam):非常に立ちやすく,細かいです. This beer is easy to bubble and the foam is good.

香り(Aroma):ホップ由来の白葡萄,柑橘(オレンジやグレープフルーツ)を思わせる心地良い香りです. 全体的に非常にフルーティで,草っぽさを思わせる香りは相対的に穏やかです. ネルソン・ソーヴィンやシヌックの香り高さを楽しめます. This beer has the aroma of white grape (white wine) and citrus (orange or grapefruit) greatly. On the other hand, the grass smell is mild relatively.

味(Palate):モルトの甘い味わいがベースで,ホップ由来のシトラス(ビターシトラス)のフレーバーがメインです. モルト由来のハチミツを思わせる甘いフレーバーも感じられ,苦味は適度〜やや穏やか,酸味は穏やか,ホップのスパイシーさは非常に穏やか〜無しです. ネルソン・ソーヴィンから出る渋みがあるそうですが,温度が上がると少し感じました.
The sweetness of malt is as a base and the citrus (bitter citrus) flavor is main. The taste like honey from malt is felt, the bitterness is moderate to a little mild, the sourness is subtle and the spiciness of hop is mild to none.

総合(Overall):ネルソン・ソーヴィンとシヌックという2種のホップがもたらすフレーバーを大事にした贅沢なペールエールで,ホップのジューシーなフレーバーが感じられ,ホップ好きの方なら満足できる味わいに仕上がっていたと思います. また,モルトの味わいもしっかり活かしてたと思います. ただ,アメリカンスタイルかと言われるとやや疑問かもしれません. ペールエールとはいえアメリカンスタイルはホップの苦味をきかせますので,苦味の程度としてはイングリッシュスタイルっぽく穏やかに感じました. スタイルについては少し疑問が残るところですが,個人的にはとても美味しかったです. This beer has the juicy hop flavor of Nelson Sauvin and Chinook, and is balanced and able to satisfy us. However, I wonder whether it is an Ameican-style pale ale and it might not be.

Evo IPA で使われていたホップについて

簡単ですが,ご覧下さい.

Columbus
Bittering Hop
Pungent, Blackpepeer, Licorice

Simcoe
Dual Hop (Bittering and Aroma)
Passion Fruit, Pine, Citrus

Amarillo
Aroma Hop
Floral, Tropical Fruit, Citrus (Lemon, Orange, Grapefruit)

Centennial
Dual Hop
Floral, Citrus

Pungent: スパイシーな
Pine: マツ
Licorice: 甘草

阪神百貨店で7月11日~13日に渡って行われたクラフトビアフェスタ&マーケットにて購入した「エヴォ インディアペールエール」のレビューをご紹介します. このビールは試飲して美味しかったので選びました.

エヴォ インディアペールエール
Evo IPA (Evolutionary India Pale Ale)


製造会社:トゥー・ビアーズ・ブリューイング・カンパニー
Brewery: Two Beers Brewing Co.


所在地:アメリカ,ワシントン州シアトル,オハイオ・アベニュー・サウス
Location: Ohio Ave S, Seattle, Washington, USA


ビアスタイル:アメリカンスタイル・インディアペールエール
Beer Style: American-style India Pale Ale


発酵方法:上面発酵
How to Ferment:Top Fermentation


アルコール & ボディ:6.2% & ミディアム
Abv & Body:6.2% & medium-bodied


泡(Foam):立ちやすく,非常に細かい(良質)です. This beer is easy to bubble and the foam is very fine.


香り(Aroma):モルト由来の甘い香りとホップ由来のオレンジ,グレープフルーツを思わせる香り,草っぽさを伴うスパイシーな香り,フローラルな香りです. 全体的にはホップ香が優勢でした. This beer has the sweet aroma of malt and the scent of orange or grapefruit, the spicy grass smell and floral fragrance from hop.


味(Palate):ビターシトラスを思わせるホップのジューシーなフレーバーが豊かで,口当たりは非常に柔らかです. モルトの甘みもベースとしてきちんとあり,ホップの苦味とのバランスも良いです. 苦味はアメリカンIPAとしては穏やかな方だと思います. 炭酸も穏やかでした. This beer has the rich juicy flavor of hop like bitter citrus and very soft mouthfeel. The sweetness of malt is as a base and it is balanced with bitterness of hop. The overall bitterness is milder than usual American IPA and the carbonation is weaker.

総合(Overall):アメリカンホップのフレーバーが非常に豊かなIPAで,苦さが突出しているタイプではなくモルトの甘さを考慮したホップ使いでバランスの取れたIPAでした. 4種類のホップを使い,シトラス,フローラルの香りも十分に感じられ,香りもしっかり楽しめるIPAです. 美味しかったです,また飲みたいなと思うIPAでした. This beer is very rich in American hop flavor and balances the sweetness of malt with the bitterness of hop. In addition, citrus and floral aroma is adequate and enjoyable. VERY GOOD.

使用ホップ (Used Hops):コロンブス (Columbus),シムコー (Simcoe),アマリロ (Amarillo),センテニアル (Centennial)

IGのフォロワーさんが使われていたのを見て気になっていたシュピゲラウ(Spiegelau)のIPAグラスを私も購入しました.

IPAグラスなので勿論IPAを入れて飲んでみましたが,やはりIPAのために開発されたグラスだけあって個人的にはとても気に入りました. いくつかポイントがあります.

①持った感じが軽い.

②ガラスが薄く,かつ強い.

③泡が立ちやすく,それが故に香りが立ちやすい.

④飲み口が広いため,飲みながら香りを十分に楽しめる.

アメリカンスタイルのビールのようにホップを贅沢に使ったビールでは,味わいもそうですが香りも楽しみたいところです. それを叶えてくれるグラスがこれで,IPAが好きなこともあり買った甲斐がありました. 飲み心地が良いです.

シュピゲラウはドイツのグラスウェアブランドで,「軽くて強い」をコンセプトに様々なグラスを製作しています. 今回のグラスはドッグフィッシュ・ヘッドとシエラ・ネヴァダのブルワーと共同開発したグラスになります.

別に宣伝しているわけではありませんが,IPAが好きな方にはオススメです. 良かったらチェックしてみて下さい.

こんばんは. 今日は富士桜高原麦酒のさくらボックをご紹介します. このビールは春季に向けて限定醸造されるビールで,タイプはダークラガービール,スタイルはドッペルボックです.


富士桜高原麦酒 さくらボック (季節限定)
Fujizakura Heights Beer Sakura Bock (Seasonal-Limited)

製造会社:富士桜高原麦酒 (富士観光開発株式会社)
Brewery: Fujizakura Heights Brewery (Fuji Kankō Kaihatsu Co., Ltd.)

所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町
Location: Fujikawaguchiko Town, Minami-Tsuru Country, Yamanashi Pref., Japan

ビアスタイル:ドッペルボック
Beer Style:Doppelbock

発酵法:下面発酵
How to Ferment:Bottom Fermentation

アルコール & ボディ:8.0% & ミディアム〜フル
Abv & Body:8.0% & medium-bodied to full-bodied

泡(Foam):立ちやすく,非常に細かい(加えて良質)です. This beer is easy to bubble and the foam is very fine.


香り(Aroma):モルト由来のチョコレートなどを思わせる甘く芳醇な香りとアルコール香,更に酵母由来のエステル香(リンゴ,ナシなど)です. This beer has the sweet and mellow aroma of malt like chocolate, the alcohol smell and the ester fragrance of yeast like apple or pear).


味わい(Palate):モルト由来の甘い味わいが豊かで,アルコール感もやや強いです. モルトの甘さを感じた後に,モルトの香ばしさやほろ苦さ,更にホップの苦味を奥で感じます. This beer has the rich sweet malty flavor and somewhat strong alcohol taste. First, the sweetness of malt is felt. Second, the roasted flavor and bitterness of malt is done. Last, the bitterness of hop is done in the back. The carbonation is much weaker than usual lager beer.

総合(Overall):全体的にはモルトの甘い味わいが優勢で,どちらかというとビール単体で楽しむのに向くタイプです. アルコール度数が高めであるため(どっしりとしたボディ感であるため),ゆっくり飲むのに向いています. また,ダークビールですので後半に飲みたくなるような印象で,大手の出すような飲みやすいタイプではなくしっかり飲みごたえのある,ダークビールが好きな人に向けたビールだと思います. ラガービールであるため,エールビールよりは炭酸感がありますが,ラガービールの中ではかなり穏やかです. 甘さが強いタイプなので,苦手な方はご注意下さい. 個人的にはとても美味しかったです. The sweetness of malt is richest overall and this beer is appropriate for drinking alone (without snack or dishes). I think it is a nice doppelbock personally.


さくら = cherry blossoms


ドッペルボック(doppelbock)について

以前パウラナーのサルバトール(PAULANER SALVATOR)をご紹介させて頂いた際に,少しだけ触れたのですが,今回はビアスタイルガイドライン(Beer Style Guideline)をもとにもう少し詳しく取り上げたいと思います.

そもそもドッペルボックというのはボック(bock)の一種で,他にもマイボック(maibock),トラディショナル・ボック(traditional bock),アイスボック(eisbock)といった種類があります.

ボックはドイツ発祥のラガービールで,ラガービールの中でもダークラガービールになります. ラガービールは下面発酵ビール,ダークラガービールは濃色下面発酵ビールです. 同じような種類だとデュンケル(dunkel)やシュバルツ(schwarz)などがあります.

このビールの特徴を簡単に言いますと,「麦芽の味わいが強い(豊か) = モルティ(malty)」で「どっしりとしていて飲みごたえがある」です. モルトの味わいに重きを置いているビールですので,ホップのフレーバーは非常に弱く苦みも穏やかです.

もともと,このビールはドイツの修道院で初めて造られ,最初は今ほど度数が高くありませんでした. これが故に断食中(液体は可)の修道士たちの重要な栄養源として飲まれ「液体のパン」とも呼ばれた時代もありました.

最近はホップのフレーバーを出したビールが人気ですので,こうしたモルト感の豊かなビールは取り上げられにくい存在かもしれませんが, 個人的には是非多くの方に飲んでいただきたいスタイルです. 勿論ダークビールは苦手な人も多く,好みが分かれやすいのは事実です. ですが,きっと気に入る方もいらっしゃると思います. まずは試しに飲んでみて下さい. 量が多ければ何人かでシェアもありですよ.


なかなか新しいビールを開拓しようと思っても知識がついてこないと選びにくいのは事実です. それは私自身も実感しています. 日本のビールでは少ないですが(クラフトビールだと書いてたりしますが),海外のビールだとビールによくビアスタイルが記載されています. それはビールの中身を示す重要なキーワードで,選ぶときには非常に役に立ちます. 細かい知識もあることには越したことがないですが,ビール初心者の方には是非ビアスタイルに注目してみていただきたいですね. それだけでもかなり選びやすくなります. また,時間が取れるようになったらビアスタイルの紹介もしていきたいと思っていますので,よろしければご覧下さい.

stonebrewingco
stonebrewingco:

Thanks to our fans, the Stone 18th Anniversary Celebration & Invitational‪#‎Beer‬ Festival was out biggest and best yet. If you were there, relive the fest. If you missed out, take a look at what you can expect when you (hopefully) join us next year!http://blog.stonebrewing.com/index.php/stone-anniversary-festival

[リブログ/Reblog]Congrats!! ストーン・ブリューイングの18周年記念です(^_^)b

stonebrewingco:

Thanks to our fans, the Stone 18th Anniversary Celebration & Invitational‪#‎Beer‬ Festival was out biggest and best yet. If you were there, relive the fest. If you missed out, take a look at what you can expect when you (hopefully) join us next year!http://blog.stonebrewing.com/index.php/stone-anniversary-festival

[リブログ/Reblog]Congrats!! ストーン・ブリューイングの18周年記念です(^_^)b